自家用車の保管に欠かせない書庫証明の書き方

意外と簡単!?車庫証明の書き方とは

必要書類は主に必要なものは?どんなことを書く?

例えばこれから車を購入し、車庫証明の手続きを行うとします。 車庫証明の手続きを行うにあたって必要書類はどんなものを揃えなくてはならないのか、初めてならわからないことだらけなので誰かに詳しく教えて欲しいものです。 自分で記入することから全てを出来るものなのでしょうか。

車庫証明の手続きにも代行サービスが有る?

色んなものに代行サービスがあるように、車庫証明の手続きにも代行サービスがあるのです。 一体どんな人がやってくれるのでしょうか。 安心、安全なものであるのでしょうか。 また代行サービスで頼むメリットとは、料金的にはどうなのか、詳しく調べてみたいと思います。

自分でやることも出来る?詳しく聞ける場所は?

車庫証明手続きには必要になってくる書類がいくつかあります。
どれも全て大事な書類ですが、中でも車庫証明申請書は最も大事な書類です。
この車庫証明申請書は一般的には4枚綴りとなっていますが、例外となる都道府県もあります。
それは東京と大阪です。
東京は2枚綴り、大阪は5枚綴りとなっています。
なので自分が住んでいる場所では何枚綴りなのか確認をしておくのがいいかと思います。
この車庫証明申請書はわざわざ警察署に取りに行かなくても警察署サイトからダウンロードすることも可能です。
しかし複写しないので1枚ずつ書かなくてはならないという手間があります。
東京のように2枚ぐらいならまだ書く事も手間にはならないかもしれませんが、大阪のように5枚ともなると全部書くのは大変ではないでしょうか。
なのでダウンロードするよりも警察署に直接取りに行ったほうが書くのが楽になるかと思います。

手続きに必要な書類に所在図、配置図というものがあります。
所在図は自宅と車庫の略図を書いたものになります。
配置図はモータープールの配置や自宅敷地での平面図を書いたものになります。

また所有する車の保管場所が自分の持ち物か借りるものなのかによって変わってくる書類もあります。
まず保管場所を借りる場合は保管場所使用承諾証明書というものが必要になります。
この場合、借りる保管場所の大家さんに記入、押印してもらう必要があります。
大家さんの都合などもあるので、この場合は少し余裕を持って車庫証明の手続きを進めるのがいいかと思います。
逆に保管場所が自分の持ち物の場合は使用権原疎明書面というものが必要になります。

一般的には以上の書類が必要となります。

難しいと思ったら聞くのが一番!誰に聞けばいい?

車庫証明の書き方、手続きは自分で出来ないこともありません。 しかしもしも失敗してしまったら二度手間になってしまいます。 そうならないためにもわからないことがあったら専門の人に聞くべきなのではないでしょうか。 では一体どこでどのように聞けばいいのでしょうか。

TOPへ戻る↑