意外と簡単!?車庫証明の書き方とは

>

必要書類は主に必要なものは?どんなことを書く?

書き方で迷うこと

書いている途中に迷うことってあるのではないでしょうか。

例えば配置図を書く時に、広めの駐車場にもう他の車が停まっているとします。
新たに車を購入したので車庫証明の手続きを行おうと思っているのだが、この場合の配置図の書き方として広めの駐車場を記載すればいいのか、それとも今回停める車分だけを記載すればいいのか迷うことがあると思うのです。
この場合は広めの駐車場を書けばいいのです。
車の停めるスペースがあるかどうかというのが重要だからです。

また書くときの注意点として間違えてしまった場合は必ず訂正印が必要です。
間違えるとついつい修正液などを使いたくなりがちですが、修正液を使ってしまうと必ず返されてしまいます。
なので訂正印を使って修正することを間違えてはいけません。

自分で書くことは可能?メリットはある?

結論から言うと自分で書く事はもちろん可能です。
でも書き方には色々と注意が必要です。
初めて書く人は特に書き方がわかりにくいと感じる人は多いかと思います。
そんな場合は警察署に直接行くことをオススメします。
警察署でわからないと言えば書き方を教えてくれることはもちろん、書き方の例を見せてくれることもあります。
なので直接行くことをオススメするのです。

やはり料金が抑えられるというのが一番のメリットかと思います。
誰かしらに依頼することももちろん可能です。
一番多いのは新車だったらディーラーではないでしょうか。
車体番号、型式、車の全長、車幅、車高などの車庫証明の記入時に必要な必要事項を教えてくれます。
料金は取られる場合と取られない場合があります。
どちらなのか確認をする必要はあると思います。


この記事をシェアする

TOPへ戻る↑