意外と簡単!?車庫証明の書き方とは

>

難しいと思ったら聞くのが一番!誰に聞けばいい?

どんなところに難しそうと感じる?

まず車庫証明という名前を聞いただけで難しいと感じるのではないでしょうか。
必要書類を集めていくうちに所在図や配置図、使用権原疎明書面といった聞きなれない言葉が出てくるので余計に難しく感じ、自分でできるのか不安になってきてしまうものです。

地図などを書く事が難しいと感じる人も多いのではないでしょうか。
いくらそこまで複雑な地図を求められているわけでないとしても、苦手な人には苦痛なものなのです。
ですが実際は所在図も配置図も別紙で地図のコピーを貼り付けることが可能なので苦手な人でも難しくないのです。

車の車種、型式、車幅などある程度調べておけば簡単に書けることがほとんどです。
なので難しい書類だろうと初めから決め付けないで、まずは書き始めてはどうでしょうか。

どうやって書き方を知ることが出来るのか

わからないと感じたらまずは自分でどうにかしようと考えると思います。
その場合どのように書き方を調べるでしょうか。

多くの人が真っ先にやるのはネットで検索してみることなのではないでしょうか。
自分が躓くポイントというのは多くの人も躓いているポイントなのです。
そのためそのポイントをネット上で紹介している人は必ずいるのです。
そういった意味でもネットで検索すると意外とすぐにヒットするのではないでしょうか。

あとは知っている人に聞くというのも手っ取り早い解決方法だと思います。
車を所有している人は今多いと思います。
周りで誰かしら車庫証明の手続きを行ったことがあるのではないでしょうか。
その人に聞きながら書くことができたら間違いはないのではないかと思います。


この記事をシェアする

TOPへ戻る↑